招き猫のおかたづけ日誌

不用になったスプレー缶の捨て方

日常生活でよく使うヘアスプレーや塗装用スプレー、カセットコンロのカセットボンベ。
不用になったこれらの空き缶や、使い切れなかったものはどうやって処分したら良いのでしょうか。

今回はスプレー缶の捨て方についてご紹介します。

 

 

<目次>

◇危険な「缶に穴を空ける」行為

◇正しくスプレー缶に穴をあける方法

 1.中身を完全に使い切る

 2.ガスを全て外に出す

 ・穴あけに便利な道具

 

 

◇危険な「缶に穴を空ける」行為

今まで一般的に推奨されていたのは「缶に穴をあけて中のガスを全て出してから」捨てるでした。
しかし最近では缶に穴があいていない状態で回収する自治体が増えてきました。

これはスプレー缶に穴を空ける行為が実は大変危険を伴うもので、近年事故が急増しているといった背景があります。
スプレー缶の中の可燃性のガスが勢いよく目に入ったり、引火によりやけどや火事を引き起こすということが多発しました。
北海道では穴あけ作業中に、なんらかの原因でガスに引火したことによる火事で夫婦二人が亡くなる死亡事故が報告されたのです。
こういったことから、穴があいていない状態でのスプレー缶の回収を進める自治体が増えてきました。

※大阪市でも平成29年9月から穴あけをしなくてもよくなりました。
 穴あけをせずに中身の見える透明・半透明の袋に入れて資源ごみとして出すことができます。

 

 

◇正しくスプレー缶に穴をあける方法

しかし穴あけしていない状態での回収を進める自治体は少なく、スプレー缶を捨てるために穴をあける必要がある場合が多いのも事実です。
正しく安全に穴をあける方法をご紹介します。

 

1. 中身を完全に使い切る

中身は全て使い切りましょう。
噴射レバーを押しても何も聞こえない、振っても音がしなくなるまで中身を噴出します。
中身を外に出す際には絶対に火の気のない場所で作業しましょう。

 

2. ガスを全て外に出す

中身が全て出たあとの残りの可燃性ガスを全て外に出しましょう。
可燃性ガスさえ全て出し切ってしまえば引火する危険は少なくなります。
この状態であれば缶に穴を空けても大丈夫です。
ただしこの作業が一番危険とも言えます。
必ずガスは出し切った状態で穴あけをしてください。

 

缶の噴射レバーが壊れて中身を出すことができないなど、中身を出すことができない場合は、缶に書かれている連絡先やメーカーに問い合わせてみましょう。
またリサイクルセンターや消防署などが引き取りを行っている場合があるので、問い合わせてみてください。

 

穴あけに便利な道具

穴をあけるには錐(キリ)や大き目の釘などであけたりしますが、もっともっと簡単に穴をあけることができます。

100均などで専用の缶の為の穴あけ器が売っていたりします。
スプレーパンチ、ガス抜き器などと名称は様々です。
こういったものを活用すれば簡単に缶に穴をあけることができます。

一連の作業が完了後、各自治体の指示に従った方法で処分しましょう。

大阪市では平成29年9月から穴あけをしなくてもよくなりました。
穴あけをせずに中身の見える透明・半透明の袋に入れて資源ごみとして出すことができます。

 

 

いかがだったでしょうか?
昔は一般的だったゴミの捨て方も、近年変わりつつあります。
各自治体に従った方法で正しく処分しましょう。

 

かたづけ招き猫では随時不用品回収を承っております。

>かたづけ招き猫の不用品回収の詳しい情報はコチラ

 

 

また何か粗大ゴミや不用品の事で、お困り事がございましたらかたづけ招き猫をよろしくお願いします。

お片付け・家具移動・お引越しのお手伝いなど、なんなりとご相談ください。
お見積りは無料!!お気軽にご連絡くださいませ!

かたづけ招き猫は不用品回収1点からでも喜んで対応させていただいております。

このたびは、数ある不用品や遺品整理の片付け業者の中で、かたづけ招き猫を選んでいただいてありがとうございました。


ご相談は無料!!お気軽にお問い合わせください

0120-2996-20 年中無休 9時~20時まで受付

メールでご相談の方はこちら


カテゴリから他の事例を探す

不要品回収 遺品整理 ゴミ屋敷 出張買取 引っ越し
サービス一覧
  • 不用品・粗大ごみ処分
  • 遺品整理
  • ゴミ屋敷
  • 出張買取
  • 引っ越し
月間1000件以上の対応実績!おかたづけ日誌
不用品お困り解決情報
対応エリア

大阪府

大阪市内全域

箕面市・豊中市・池田市・吹田市・高槻市・摂津市・茨木市・交野市・八尾市・大東市・四条畷市・守口市・寝屋川市・東大阪市・枚方市・門真市・堺市

兵庫県

尼崎市・西宮市・伊丹市・芦屋市・宝塚市・川西市

  • メディア掲載情報
  • スタッフ紹介
  • 会社概要