招き猫のおかたづけ日誌

たまっていく年賀状の管理

年始の挨拶として毎年送られてくる年賀状。
デジタル化している世の中とはいえ、まだまだ利用している方は沢山います。

大切な人からの年賀状は処分しにくく、たまっていく一方です。
今回は年賀状の保管の仕方、処分のタイミングなどをお話ししていきます。

 

この記事の目次

 

 

  • 1、年賀状はいつまで、どうやって管理すればいいのか

    年賀状はお正月に送られてきて、その後はあまり見返す事もありません。
    しかし次の年賀状を送る時の住所確認に使っている方も多いと思います。

    自分で1~2年分は保存すると決め、ファイリングや面倒なら輪ゴムでまとめて
    何年のものか分かりやすくして保管しておくのがいいと思います。
    お店から送られてきたDMなどは処分し、親族、友達、職場でしぼるといいですね。

 

  • 2、大切な人からの年賀状が捨てられない

  •  

  • ご家族がいる方からの年賀状は写真付きのものも少なくありません。
    この写真付きの年賀状が捨てられない、捨てにくいと言う方が多いと思います。

    ですが年賀状と言うのは新年の挨拶であり、相手に喜んでもらうために書いている
    ものであり、相手側も一生保管しておいてほしいと思っているわけではありません。

    むしろ捨てられない、捨てたら薄情な人だと思われる、など送られた側が負担を感じて
    もらいたくはないですよね。気持ちを受け取る事が大事なのです。

 

  • 3、年賀状の処分のタイミングと方法

  • 年賀状の処分のタイミングとしては年賀状のお年玉くじの当選番号を確認した後、
    年賀状を書く時などもう一度年賀状を見返す時がベストです。

  • 処分の仕方としては個人情報がのっているので家庭用シュレッダーや宛名消しスタンプ、
    量が多いので大変という方はお正月のどんとやきなどで焼くという方法もあります。
    自治体で要らなくなったハガキや年賀状を引き取ってもらえる回収箱を設置している郵便局もありますので確認してみて下さい。

 

年賀状というのは一年の始まりの挨拶として大切なもの。
お互い送り合い、気持ちを受け取って元気な事を確認できれば
そんなに執着するものではないと思っています。
処分について困ってるいる方は是非参考にしてみてください。

 

▲年賀状の回収をお考えの方はこちら

急上昇ワード 

また何か粗大ゴミや不用品の事で、お困り事がございましたらかたづけ招き猫をよろしくお願いします。

お片付け・家具移動・お引越しのお手伝いなど、なんなりとご相談ください。
お見積りは無料!!お気軽にご連絡くださいませ!

かたづけ招き猫は不用品回収1点からでも喜んで対応させていただいております。

このたびは、数ある不用品や遺品整理の片付け業者の中で、かたづけ招き猫を選んでいただいてありがとうございました。


ご相談は無料!!お気軽にお問い合わせください

0120-2996-20 0120-2996-20

年中無休 9時~20時まで受付


月間1000件以上の対応実績!おかたづけ日誌
不用品お困り解決情報
対応エリア

大阪府

大阪市内全域

箕面市・豊中市・池田市・吹田市・高槻市・摂津市・茨木市・交野市・八尾市・大東市・四条畷市・守口市・寝屋川市・東大阪市・枚方市・門真市・堺市

兵庫県

尼崎市・西宮市・伊丹市・芦屋市・宝塚市・川西市

  • メディア掲載情報
  • スタッフ紹介
  • 会社概要