招き猫のおかたづけ日誌

“物置”という名の不用品置き場

いつの間にかどんどん物が溜まってしまう物置。

を次から次へと物を置いてしまって、気が付けば不用品で溢れかえっている…なんてことも。

この記事では、そんな物で溢れてしまった物置を綺麗にする方法を紹介していきます。

物置をそろそろ片付けたいと思っている人は是非参考にしてください。

 

 

1、物置は不用品の溜まり場

2、物を置き過ぎることのデメリット

3、物置を綺麗にする方法

 

 

1、物置は不用品の溜まり場

「とりあえず要らない物は物置に置いている。」

「物置に何が入っているのかすら分からない。」

「物を入れすぎて、もはや開けてはいけないパンドラの箱状態。」

思い当たる節がある方も多いのではないでしょうか?

不要な物をどんどん物置に入れていると、物置が物で溢れかえってしまいます。

物置なので物を入れる場所ではありますが、入れすぎてしまうというのはやめましょう。

適度に物を入れて、どこに何があるのかというのを把握しておく必要があります。

そうすることで、必要になった時にすぐに取り出すことができるのです。

どこに何があるかわからない状態の物置だと、取り出す時にいたずらに時間が掛かってしまいます。

そうならないように物置は常に綺麗に整理しておきたいですね。

 

 

 

2、物を置き過ぎることのデメリット

物置に物を置き過ぎることのデメリットは沢山あります。

前述した、「どこに何があるのかわからなくなる」というのもデメリットの一つです。

どこに何があるか分からない状態だと、同じような物をいくつも購入してしまう傾向が高いです。

購入したはいいけれど使っていないと、比較的新しい物を処分するのには抵抗がある為、使ってもいない同じ用途の物をいくつも抱え込んでしまうことになります。

手狭になってきたからと言って、さらに大きなサイズの物置を購入しようと検討される方もいるでしょう。

その場合、購入前に今一度よく考えてみましょう。

本当に必要な物が一体どれだけ物置にしまってあるのかを。

 

 

3、物置を綺麗にする方法

ここでは、物でいっぱいの物置を片付けたいという人のために、物置を効率よく片付ける方法を紹介していきたいと思います。

これから物置を掃除しようと思っている人はこちらを参考に片付けを始めてみてください。

①物置に入っている物を全部出す

まずは物置の中に入っている物を全て外に出します。

中に入っている物を全部出すのは面倒に感じてしまうかもしれませんが、これが物置を片付ける一番の近道なのです。

物置の中にあるものを、しっかりと把握しておきましょう。

②必要な物と不要な物に分ける

物置の物を全部外に出したら、「必要な物」と「不要な物」に仕分けてみましょう。

要る物はもう一度物置に仕舞って、要らない物は外に置いたままにしておきます。

要る物を物置に仕舞うときは、どこに何があるのかをわかりやすいように同じ用途の物をかためて置きましょう。

例えば自転車用品がいくつかあったら、それは同じ場所に固めておくという感じです。

そうすることで、すぐに必要な物を見つけやすくなります。

③要らない物は不用品回収業者に回収してもらう

さぁ、残るは要らない物だけです。この要らない物は不用品業者に回収してもらうのが一番いい方法だといえます。

不用品回収業者というのはその名の通り、不用品を回収してくれる業者です。

自宅まで不用品を取りに来てくれるので、楽して不用品を処分することができます。

お金になりそうな物があれば買取ってくれる場合もあるので、お得に不用品を処分することができます。

 

自分でゴミ処理をするというのは、面倒ですし時間が掛かってしまいますよね?

しかし不用品回収業者を利用することで、時間も手間も掛けずに不用品を処分することができます。

こういった業者を上手に利用することで、簡単に物置の片付けを終わらせることができます。

「物置を片付けたい」という人は是非利用してみてください。

急上昇ワード 

また何か粗大ゴミや不用品の事で、お困り事がございましたらかたづけ招き猫をよろしくお願いします。

お片付け・家具移動・お引越しのお手伝いなど、なんなりとご相談ください。
お見積りは無料!!お気軽にご連絡くださいませ!

かたづけ招き猫は不用品回収1点からでも喜んで対応させていただいております。

このたびは、数ある不用品や遺品整理の片付け業者の中で、かたづけ招き猫を選んでいただいてありがとうございました。


ご相談は無料!!お気軽にお問い合わせください

0120-2996-20 0120-2996-20

年中無休 9時~20時まで受付