招き猫のおかたづけ日誌

古い畳の処分方法

今回は、古い畳の処分方法についてご紹介いたします。

古い畳は処分する機会も少なく、どうやって処分するのかご存知ない方も多いのではないでしょうか。
畳の処分に困っている方はぜひ参考にしてください。

 

新しい畳への畳替えでは、畳屋さんに引き取ってもらう方法がありますが、家庭で自ら住宅の解体や修理をして不要になった古い畳を処理する場合など、最近では畳屋さんの引き取りが難しく、他の方法を検討する必要があります。

 

実際に、自治体によって古い畳の処分方法は様々あり、注意が必要なので、確認しながら進めていくようにしましょう。

 

ここでは、不要になった古い畳の処分方法について、お住まいの自治体での畳を処分する方法、自治体によっては回収、クリーンセンターの持ち込み、廃棄物処理業者に依頼する方法、または、不用品回収業者にお願いする方法についてご紹介いたします。

 

 

この記事の目次

 

 

1、お住まいの自治体で畳を処分する方法

自治体によっては、畳を可燃ごみの収集に出せる場合があります。
まず、市に電話で確認をしましょう。

何cmに小さくして収集に出すという決まりもある自治体もありますので、ルールに従って、畳を小さくカットする必要があります。
畳の数が多い方は時間がかかる作業となるでしょう。

また、畳をカットせずに、粗大ごみとしてクリーンセンターに畳を持ち込んで処理する方法もあります。
自治体によって粗大ごみとして回収可能かどうか、事前確認が必要です。

 

 

2、お住まいの自治体で畳を回収していない場合の処理方法

お住まいの自治体によっては、確認しますと、市の施設で処理が困難なごみとして、収集や清掃センターへの持ち込むことができないところもあります。
畳が粗大ごみの切断装置の損傷原因となり、産業廃棄物処理業者に依頼することになりますので、自治体の依頼先業者についても確認する必要があります。
さらに、費用については産業廃棄物処理業者に確認する必要があります。

 

 

3、不用品回収業者に畳の回収をお願いする方法

古い畳はダニ、カビの温床となっており、アレルギー体質の方が外へ運ぶのは健康を害しますし、女性や高齢者の方がいくつも運ぶのは厳しいものです。
不要品回収業者にお願いする場合は見積もり後、廃棄方法の確認作業や重量物の運搬もなく、簡単に処分をお願いすることができます。

 

いかがでしょうか。
畳は消耗品ですので、古くなったら新しいものに取り換える必要があります。
いざ処分が必要となったときに、慌てないように事前に処分方法を決めておきましょう!

 

かたづけ招き猫では、畳などの不用品回収も随時行っております。
まずはお気軽にご連絡ください!

>かたづけ招き猫の畳などの不用品回収の料金など詳しくはこちら

また何か粗大ゴミや不用品の事で、お困り事がございましたらかたづけ招き猫をよろしくお願いします。

お片付け・家具移動・お引越しのお手伝いなど、なんなりとご相談ください。
お見積りは無料!!お気軽にご連絡くださいませ!

かたづけ招き猫は不用品回収1点からでも喜んで対応させていただいております。

このたびは、数ある不用品や遺品整理の片付け業者の中で、かたづけ招き猫を選んでいただいてありがとうございました。


ご相談は無料!!お気軽にお問い合わせください

0120-2996-20 年中無休 9時~20時まで受付

メールでご相談の方はこちら


カテゴリから他の事例を探す

不要品回収 遺品整理 ゴミ屋敷 出張買取 引っ越し
サービス一覧
  • 不用品・粗大ごみ処分
  • 遺品整理
  • ゴミ屋敷
  • 出張買取
  • 引っ越し
月間1000件以上の対応実績!おかたづけ日誌
不用品お困り解決情報
対応エリア

大阪府

大阪市内全域

箕面市・豊中市・池田市・吹田市・高槻市・摂津市・茨木市・交野市・八尾市・大東市・四条畷市・守口市・寝屋川市・東大阪市・枚方市・門真市・堺市

兵庫県

尼崎市・西宮市・伊丹市・芦屋市・宝塚市・川西市

  • メディア掲載情報
  • スタッフ紹介
  • 会社概要