招き猫のおかたづけ日誌

刃物の処分方法

包丁やナイフなどの刃物は、鉄であれば研いで長く使用する事ができますが、ステンレスなどは欠けてしまった利した場合、新しく買い替えて古いものは処分するのが一般的です。

しかし刃物をそのまま捨ててしまうのは大変危険です。
回収業者の人が、作業中に触ってしまって怪我をする懸念があります。
ならばどうやって処分したら良いのでしょうか?

今回は刃物の処分方法についてご紹介します。

 

 

<目次>

◇刃の部分を包んで危なくないようにする

◇マジックで「危険!刃物」などとわかりやすく記載する

◇大量に廃棄しなければいけない場合

 

 

◇刃の部分を包んで危なくないようにする

厚手の布や、厚紙などで刃の部分を包みます。
布や厚紙が無い場合は、新聞紙や広告などを厚く重ねて、その間に包んだり、硬めの紙箱に入れてもよいでしょう。
刃先は包んでも突き破ってしまう恐れがあるため、突き破らないように注意します。
包んだら、ガムテープなどでしっかりと動かないように固定します。
すっぽりと抜けてしまうようでは意味がありません。

 

 

◇マジックで「危険!刃物」などとわかりやすく記載する

梱包が終わったら、表面に「危険!刃物」などと、中身が刃物であり、危険であることがわかりやすく記載します。
ここまでできたら、自治体の回収に出すか、不用品回収業者に依頼して処分します。

 

 

◇大量に廃棄しなければいけない場合

1本や2本などではなく、お店などで大量に廃棄しなければいけない場合などもあるかもしれません。
この場合は自治体の回収ではなく、不用品回収業者に依頼しましょう。
その際、多くの刃物を廃棄することを必ず伝える事が大切です。
不用品回収業者なら、回収の次点で危険物であることを承知して扱うので、不用意な怪我を防ぐことができます。

 

 

いかがだったでしょうか?
刃物は危険であることを処分する側も注意して、適切な処分を行いたいですね。
誰も怪我をしない処分を心がけましょう。

 

かたづけ招き猫では、刃物の処分も承っております。

>かたづけ招き猫の不用品回収の費用など詳しくはこちら

また何か粗大ゴミや不用品の事で、お困り事がございましたらかたづけ招き猫をよろしくお願いします。

お片付け・家具移動・お引越しのお手伝いなど、なんなりとご相談ください。
お見積りは無料!!お気軽にご連絡くださいませ!

かたづけ招き猫は不用品回収1点からでも喜んで対応させていただいております。

このたびは、数ある不用品や遺品整理の片付け業者の中で、かたづけ招き猫を選んでいただいてありがとうございました。


ご相談は無料!!お気軽にお問い合わせください

0120-2996-20 年中無休 9時~20時まで受付

メールでご相談の方はこちら


カテゴリから他の事例を探す

不要品回収 遺品整理 ゴミ屋敷 出張買取 引っ越し
サービス一覧
  • 不用品・粗大ごみ処分
  • 遺品整理
  • ゴミ屋敷
  • 出張買取
  • 引っ越し
月間1000件以上の対応実績!おかたづけ日誌
不用品お困り解決情報
対応エリア

大阪府

大阪市内全域

箕面市・豊中市・池田市・吹田市・高槻市・摂津市・茨木市・交野市・八尾市・大東市・四条畷市・守口市・寝屋川市・東大阪市・枚方市・門真市・堺市

兵庫県

尼崎市・西宮市・伊丹市・芦屋市・宝塚市・川西市

  • メディア掲載情報
  • スタッフ紹介
  • 会社概要