招き猫のおかたづけ日誌

ゴミ屋敷での遺品整理は業者に頼むのが良い3つの理由

 

親族が亡くなり、遺品整理をしに行ったらゴミ屋敷だった…。

 

独居老人の自宅での孤独死などが社会問題にもなっていますが、「遺品整理をしに行くまで、親族の家がゴミ屋敷だったことを知らなかった」という問題も、近年増えているようです。
実際に「遺品整理をしようとしたらゴミ屋敷だった」という状況に遭遇した時、迷わず専門業者に頼んだ方が良い3つの理由をご紹介します。

 

 

理由1:必要なものとゴミの分別が大変

そもそも遺品整理とは、亡くなった人の残した荷物を整理することです。
遺言やエンディングノートなどで「これを残してほしい」というように、故人が書き残してくれていたら分かりやすいですが、そうでない場合がほとんどです。
どれを残すのか、これは処分して良いのか、と判断しながら作業を進める必要があるため、ものすごく時間がかかります。
さらに作業する家がゴミ屋敷となると、残しておくものとゴミの分別をするだけで、大変な労力になることが予想できます。

 

 

理由2:親族間で必要なものの認識が違ってもめる

遺品整理の難しいポイントは、人によって「残したいもの」の認識基準が違うことです。
遺品整理を担当した人が「不要だ」と判断して処分したら、別の親族から「あれは残しておきたかったのに!」と怒られてしまう。
一度処分してしまったら、故人が使っていた「物」は戻ってきません。
かといって親族総出で遺品整理の作業をするのも大変です。

 

 

理由3:思い出がよみがえってなかなか進まない

遺品整理の際、故人との思い出がよみがえって作業が進まないことが多いです。
写真や日記、愛用していたグッズや、いつも着ていた服など、ひとつひとつに思い出が詰まっていますよね。
手に取るもので手が止まってしまい、なかなか作業が進まずに時間だけがかかってしまうことが多いようです。

 

 

困ったら迷わず専門業者に依頼!

 

遺品整理とゴミ屋敷を片づける作業を並行して、自分1人で進めるのは大変な労力が必要です。
また、実際にゴミ屋敷を目の前にして、どこから手をつけていいのかわからないと困ってしまうこともあるかと思います。

そんな時は、迷わず専門業者へ依頼しましょう!
遺品整理もゴミ屋敷の片付けも対応できる業者へ依頼すれば、スピーディーに作業を完了してもらえます。
ゴミと遺品をきちんと分け、処分するものは処分してくれますので、手軽に作業を終えることができます。

故人の思い出をゆっくり振り返ってみてはいかがでしょうか。

 

かたづけ招き猫ではご遺族の心に寄り添った遺品整理を心がけております。

>かたづけ招き猫の遺品整理の費用など詳しくはコチラ

また何か粗大ゴミや不用品の事で、お困り事がございましたらかたづけ招き猫をよろしくお願いします。

お片付け・家具移動・お引越しのお手伝いなど、なんなりとご相談ください。
お見積りは無料!!お気軽にご連絡くださいませ!

かたづけ招き猫は不用品回収1点からでも喜んで対応させていただいております。

このたびは、数ある不用品や遺品整理の片付け業者の中で、かたづけ招き猫を選んでいただいてありがとうございました。


ご相談は無料!!お気軽にお問い合わせください

0120-2996-20 年中無休 9時~20時まで受付

メールでご相談の方はこちら


カテゴリから他の事例を探す

不要品回収 遺品整理 ゴミ屋敷 出張買取 引っ越し
サービス一覧
  • 不用品・粗大ごみ処分
  • 遺品整理
  • ゴミ屋敷
  • 出張買取
  • 引っ越し
月間1000件以上の対応実績!おかたづけ日誌
不用品お困り解決情報
対応エリア

大阪府

大阪市内全域

箕面市・豊中市・池田市・吹田市・高槻市・摂津市・茨木市・交野市・八尾市・大東市・四条畷市・守口市・寝屋川市・東大阪市・枚方市・門真市・堺市

兵庫県

尼崎市・西宮市・伊丹市・芦屋市・宝塚市・川西市

  • メディア掲載情報
  • スタッフ紹介
  • 会社概要